立地を考える

不動産を考えた時にその立地も大切です。近くにどのようなものがあるのか、その土地や地域の文化はどうなっているのか、住んでから考えるのでは対応が遅れてしまいます。特に自分が対応できないほどの問題があったら、せっかくの高い買い物が無駄になってしまいます。このようなことは不動産業者の管轄外です。自分自身で調べておく必要があります。

不動産を購入するタイミング

住宅に代表される不動産の購入は、たいていの人が一生に一回経験するかどうかというくらいのことなので、慎重に行う人がほとんどです。人生における様々な決断の機会の中でも、大きなものの中に含まれます。住宅を購入するか、ずっと賃貸で生活するか、どちらも一生の中でかかる住居費としてはそう変わらないという試算が発表されています。どちらが得というわけでもないので、本人、家族の好みで決定するべきです。シングルの場合はこの先に結婚、家族ができるという想定でファミリータイプの住居を購入すると、結婚、家族が増えなかった場合、広い部屋を持て余すことになります。かと言ってシングル用のこじんまりした部屋を購入したあとに結婚、出産などするとたちまち部屋は足りなくなり、再び売ることになります。マンションは一部の地域を除いて、大抵は買った時よりも売る時の方が値段は下がっていることが多いので、損をすることになります。これから家族構成がガラッと変わるかもしれない世代の人は、臨機応変に動けるように心構えをしておくことが大事です。

Copyright ©All rights reserved.不動産は今、新築一戸建て住宅が人気.